days

2017年5月27日 (土)

居場所

20170527
部屋に花がある
それだけで優しい場所になる


2017年5月18日 (木)

生活に花を

Dsc_20170518
今期は大量に咲きます
その分、すごく虫もついてあっという間に花も葉もかじられるので、綺麗なものから切って楽しむことにしました。
小さな一輪挿しがないので洗濯ばさみで・・・


2017年5月14日 (日)

新緑

Dsc_20170514

この時期の天敵はふたつ。
まずは花粉・・・
そして遅れてやってくるのが、

蚊だ!!!
昔から蚊にとても好かれる・・・

この爽やかな風景を前に目をこすり、くしゃみを豪快にしながら、蚊と戦いながら一度もベンチに座ることなく帰る(笑)

2017年5月 7日 (日)

太陽と地球と月の位置

Dsc_20170507a

厚い雲から太陽が下りてくる

Dsc_20170507b

いつか全く雲のない夕焼け空と、海に沈んでいく太陽を見たい。


太陽が沈み、月が昇り、今日の月の形に
「なるほどね、太陽があっちだから、月にああやって光が当たって・・・」
と誰にも聞かせられないレベルの低い独り言をつぶやく(笑)


Dsc_20170507c


2017年5月 5日 (金)

moon

Dsc_20170505

子供の頃、自分が大人になる頃には月に人が住むようになっていると思っていた。
人類が月に立ったのは僕が生まれる前のこと。
僕が生きている間に再び人間が月に立つことがあるとしたら、数十年前の時のようにテレビ中継を夢中になって見るのだろうなと。

そう思うと初めて人間が月を歩いた頃から、そんなに変わってないのかなと。

せめて生きてる間に月の世界の映像を見たいなあ。
せっかくテレビの画質は数十年前よりも綺麗になったのだから。

2017年4月16日 (日)

雑草魂

Dsc_20170416a

Dsc_20170416b
冷たいミネラルウォーターとコンビニのサンドウィッチとカメラを持って
小さな草花を撮る

目立つものばかりが美しいわけではない

足元ばかりを見ていては綺麗な空や星に気付かないし
上ばかり見ていたら足元の小さな世界に気付かない

苦しい時こそ顔を上げろと言うけれど
苦しいときこそいろんな角度から物事を見つめろ
と くしゃみしながら思う43歳春の休日・・・



2017年4月13日 (木)

さくら 2017

Dsc_20170413
出会いと別れ
期待と不安
夢と現実


外に出ると花粉症(笑)
さまざまな春・・・

2017年4月 9日 (日)

月と桜

Dsc_20170409
大昔から人は
毎日形を少しずつ変えながら空に浮かぶ月と
この満開の桜を見上げていたのだろうな

2017年2月28日 (火)

梅の花

Dsc_20170228
まだまだ寒いけど確実に春は近寄ってきているようです。
桜の花に比べると若干地味な存在のようにも思えるけど、芯のあるとても綺麗な存在の花だと思います。

2017年1月16日 (月)

2017 雪舞う空に

Dsc20170116
久しぶりの雪
おそらく今年初めて見上げる空
真っ白な雪と冷たい空気に気持ちは引き締まり
上を向くと青い空が少し心を軽くする

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ